福岡 整体 カイロ | 外反母趾は福岡外反母趾センターへ

福岡の外反母趾ブログ

長年の外反母趾の痛みにはある共通点があった!○○○を改善し外反母趾の痛みを克服する方法

0506a4c04c1ae4912dfbbe2e58e77b82_s

 

「あーっ、また痛くなってきた」「痛くておしゃれな靴が履けない…」

靴を履いて歩いていると徐々に痛みが出たり、酷いときは歩いてもないのにジンジン痛みが出ることも。

 

外反母趾で悩んでいる方ならこのような経験はあるのではないでしょうか。

 

今回は、足の親指が外反母趾になっている方や小指が内側に曲がって痛みが出ている方に対して、痛みや変形の原因とその対処法をご紹介します。

 

この方法を実践することで長年の痛みから解放されおしゃれな靴を履いても大丈夫で楽しく外出できる足を取り戻すことが出来ます。

 

 

そもそも外反母趾はなぜ起こるか知っていますか?

 

一番は、体の歪みが原因で足に過度の負担がかかり、親指や小指に体重が乗って骨が変形してしまうことが一般的な症状です。

 

外反母趾の方の中には「変形していないのに痛みがある方」や「痛みはないが変形がひどく、靴選びが大変な方」、「変形も痛みもある方」など様々です。

 

よく骨盤王国に来院される方の約80%が「足が変形して親指の付け根が靴に当たって痛い」と言われます。

この記事を見ている“あなた”もその一人ではありませんか?

 

なぜ変形するのか!

 

外反母趾は、親指の付け根に過度のストレスが加わって起こりますが、このストレスも種類があります。

 

「歩く際に付け根で歩いている」

「靴の振動が付け根に響いている」

「付け根を叩きつけて歩いている」

 

などが挙げられます。

 

この3つでどれに当てはまるかでも症状が違い、変形しやすい歩き方、痛みが出る歩き方、変形と痛みがどちらも出る場合に分けられます。

 

bab887cae008099c58e2c2e18930bf1c_s

痛みの原因

 

外反母趾の方で多いのが、変形もあり痛みもある方が7割くらいです。

 

その背景で起きていること

・普段の生活で硬い靴を履く

・何時間も同じ姿勢で作業していて立ち上がった際に足に痛みが出る(普段の姿勢が悪い)

・過去に怪我して縫ったことがある

・普段体を動かさない(運動不足)

・偏った食生活を送っている

 

等が根本的に影響している場合が多く痛みがある方は何かしら当てはまるとおもいます。

 

 

酷い方には共通点が!それは日常の…

 

外反母趾の方がよく言われるのが、「硬い靴をよく履いていました」「長時間立って仕事しています」「歩くことが多いです」など言われます。

 

大半の方が、足に負担がかかるような生活をして外反母趾になったのではないかと言われますが、それは間違えではありません。

 

しかし、このような方々に共通することがあります。

「歩き方」がよくないことです!!

 

外反母趾の方は、歩く際にペタペタと足を突いて歩く方が多く、足の裏が硬くなって、たこや魚の目ができている方が大半です。

 

このように、ペタペタ歩きをすると、足の指の筋肉が使われずに親指や足の裏にだけ負担がかかり、外反母趾や偏平足、その他に巻き爪やたこ、魚の目、足底筋膜炎など様々な症状になります。

 

あなたの足は、上記のような症状は出ていませんか?

まず、普段の歩き方を変えてみることからはじめてみてください。

 

外反母趾に有効な歩き方

 

歩くときに、踵(かかと)から地面につくようにします。

そして、足の指で地面を蹴るように意識して歩いてください。

 

kakato saki
(踵を床につける)        (指先で床を蹴るようにする)

 

指を使わない歩き方のままで装具・テーピング・サポーターの着用やインソール・外反母趾対策の靴を履き続けていても、外反母趾は根本的に改善しにくいです。

 

このような退化した足に先ず必要なのは、指を使った歩き方に変えて日々の生活で意識しながら歩く必要があります。

 

ところが、ほとんどの病院や整形外科では歩行の改善指導の認識がないために、「手術をするほどではないから、このまま様子をみましょう」と軽度から中程度の外反母趾の患者さんに説明しているようです。

 

そして、その説明のまま外反母趾を放置してしまうことで、さらに症状を悪化させてしまうのが、外反母趾でお悩みの方の現状です。

 

また、重度になったら「骨を削りましょう」という流れになり、手術をすることになるそうです。

 

足の痛み1

まとめ

 

重度の外反母趾になると入院して、骨を削るなどの外科的な処置が必要になってきます。しかし、その手術をした方でも完治しないことも多々あります。外科的処置で悪いところを変えても歩き方や体の使い方が悪いままだと再発したり、別の部分に負担がかかり原因不明の痛みを作ることもあります。

 

そうならない為にも、早い段階で自分の足の状態を把握して、足のケアをしていくことが大事になってきます。

 

外反母趾には、足の変形も痛みもある方、変形だけがある方、変形はないが痛みがある方がいますが、人によって重症度が違うので他の方の情報が気になるかも知れませんが、専門的に診てくれるところに行かれたほうがいいと思います。

 

外反母趾でも、色んなところが原因で発症していることが多いので、意外なところが原因かも知れませんよ。

 

もし、気になったらいつでもご相談くださいね。

 

コレだけは押さえていれば大丈夫!!外反母趾を改善するセルフケアのポイント

外反母趾5

今回は、外反母趾で悩んでいる方に、外反母趾について知っておいたほうが良いポイントと自宅でのセルフケアについてピックアップして書きます。

 

ヒールを履く方や長時間立ち仕事をされる方に多い外反母趾ですが、近年、特に外反母趾で悩んでいる方が多くなっています。

 

本当にひどい方は、指が他の指に乗っている、親指がくの字に変形して痛い・靴が入らない、

母指に加え、小指が痛い・魚の目ができて歩くのが辛いなどの症状がでて、生活や仕事に影響します。

 

あなたは、こんな症状出ていませんか?

 

  • 外反母趾かも知れないとおもっているけれど、どこに行けばいいのか分からない。
  • ネットで外反母趾のことを調べると、骨を削る手術をしないといけないと書いてあり不安、
  • このままが痛みを我慢して生活するのも苦痛。

 

などのお悩みないですか?

 

そんな悩みを抱えている方に、外反母趾とはどうやってなるのか、どう治療していけば改善するのかをお伝えします。

 

 

外反母趾の症状

特徴的な症状は足の母指(親指・母趾)の先が人差し指のほうに「くの字」に曲がり、親指のつけ根の関節の内側の突き出たところが痛みます。

IMG_4592

 

その突き出たところが靴に当たって炎症を起こし、歩く時や立っている時に痛みが出ます。ひどい方は、何もしていなくても痛い・靴を履くのが嫌になり、仕事や生活の中で痛みを絶えながら生活しないといけなくなります。

 

原因と併発症状

現在、主流となっている外反母趾の一番の原因は靴を履くことで、幅の狭いつま先が細くなった靴や硬い靴を履くと母指のつけ根から先が圧迫されて変形します。ヒールの高い靴はつけ根にかかる力が増えてさらに変形を強くします。

 

また、履物の次に多いのが、体重の増加や足の筋力が低下しておこります。

普段の生活の中で、食生活や運動などを日頃からやっていない方は外反母趾になる可能性が高くなります。

 

更に、外反母趾の方に多いのが、「偏平足」の方です。

偏平足とは、足の裏の内側のアーチが崩れて足の裏が地面にペタッとくっついている事をいいます。

また、10代で起こるものは母指が人差し指より長かったり、生まれつき偏平足ぎみであったりすることで外反母趾になりやすい特徴があります

 

 

外反母趾の重症度

変形は見た目に明らかで、痛みがどの程度痛いか、どんな時に痛いかで変わります。

母指の飛び出しを指で押すと痛む、靴を履いたときに痛む、靴を脱いでも痛むなどに分けられます。

 

特に重症なのが、靴を脱いでいても痛い方や親指が他の指に乗っている方は、最悪病院で手術になります。

 

外反母趾予防

・母指のつけ根はフィットして先はゆったりとした履物を選びます。

・足の指のすべての指の間の筋肉をマッサージする。

・両足の親指に輪ゴムをかけて足先を開く体操をする。

・ゴルフボールで足の裏をゴロゴロして筋肉を緩める。

 

09d4c6e72b7f8092d9347ba97697a0e4_m

 

 

外反母趾が改善していく過程

外反母趾でお悩みの方の中には、「変形しているし、治らない!」と思って、何年も放置している方がいます。

 

しかし、原因は様々で、体のゆがみ・内臓・頭蓋骨・筋肉の問題などがあります。

「足が変形しているから、変形している所を治さないと痛みが治らない。」と思っていませんか?

 

最近分かってきたのが、外反母趾の変形と痛みは別の原因で起きている事があるということです。

 

変形に関しては、関節が歪んで骨が「くの字」に曲がっているので、関節と骨を調整しないといけません。

 

しかし、痛みは普段の体の使い方が悪くて、体に何らかの負担がかかって体が歪み、体の軸がぶれて足に影響し、足の内側に体重が乗って外反母趾になり、足の親指に負担がかかって、靴にぶつかり痛みとなっていることがわかってきました。

 

まとめ

 

今、外反母趾でお悩みなら、まずは自分の足がどんな状態なのか観察してみてください。

外反母趾で来院される方の大半は、痛みが出てから生活や仕事に影響しだしてから来られます。

 

しかし、中には変形していないが、痛みがある方もいらっしゃいます。

外反母趾の痛みは、自分の力では予防や軽減させることはできますが、根本的に痛みを繰り返さないようにすることは不可能に近いです。

 

まず、自分で何とかできないか!とお考えなら、まずは外反母趾について知りましょう。

そして、適切なメンテナンスを日々行っていけば、それ以上ひどくならないかも知れません。

 

それでも、痛みや変形の改善がみられない方や病院にいくのが恐い、骨を削りたくない方は、1回専門的に診てもらえる整体などにいってみてはいかがでしょうか?

 

あなたの日々の体のお悩みが1日でも早く治ることを心より祈っています。

a34e9148d0726f317eb4a8077a63a989_s

普通に歩けないぐらいのパンパンに張った足の痛みが6回の治療で痛みが・・・

外反母趾の痛みは人それぞれです。 一般的には親指の側面、外側に痛みが発生します。
今回の患者さんは親指の側面の痛みと足全体が腫れてしまいもはや歩くと激痛が走るのでびっこを引いて当院まで来られました。

 

当院に来るまでは整骨院で外反母趾の施術を受けていたそうですが、テーピングをしてもらっても痛みが取れず、腫れもひどくなりどうにもならなくなりHPで検索されてこちらにご来院されました。

 

まず初めに当院に来た時には歩くのもまともに歩けずびっこを引いてこられました。その時点でとても辛そうでしたが、靴下を脱いでもらい実際の足を拝見するとクリームパンのようにぷっくらと腫れあがり押したら痛みが生じるほどでした。

 

施術

 

足は触ると激痛が生じるので足を触るというよりかは内臓の異常や骨盤歪み、頚椎の異常を検査していきました。
一番反応が強く出たのは腎臓と肝臓の疲労でした。 話を聞いてみると痛みが出る前日にパーティーがありお酒をたくさん呑んだようです。

 

当院独自の内臓調整をすることでその日は痛みがまだあるものの、安堵感があったそうです。原因不明の痛みだと不安になるものです。 ましてや病院や整骨院にいって検査をしてもらっているにもかかわらずだったのでなおさらです。

 

治療は内臓を調整することと、骨盤から下の筋膜調整、大腰筋の調整などをすることで徐々に痛みや腫れ、変色した足が変わってきました。

 

6回の施術で下記の状態までむくみが減り、痛みがほぼ気にならないくらいになったそうです。

外反母趾

外反母趾は足の変形での痛みもありますが変形が変わらなくても痛みは消えていく患者さんが大半です。
もし同じような症状で困っているようでしたら当院にご相談ください!

ここに決めたよかった~っと思いました!

 

会社員・30代・女性

【患者さんの声】

だましだまし過ごしていた左足の外反母趾が福岡出張で歩く事が多くなり急激に悪化。

ペタンこの靴すら痛くなり、ネットで探していちばんトップに出たココを受診。対応もよかったので出張中に治す決意をしました。長くかかるかな~?と思ってたけど3回目くらいから変化が!

足を組むのをやめただけでも気になってた体の痛みやすわった時の不快感も消え、外反母趾以外でもラッキーな出来事があり、体のためになる事を教えてもらい実践するだけで腰の疲れも同時に取れてきました。

外反母趾での痛みは歩き方も関係あるので一本線を歩くように気を付けて歩くようにしただけで痛みが緩和し、整体での調整もあり痛みが3回目には半分以下になりました!

 

あなたの歩き方 危険かも!?

ベタベタ歩き

 

%e8%b6%b3

 

日ごろどれだけ歩いていますか?バスや電車通勤の駅から家までまたは、
会社までの時間ぐらいしかあるいていないという方は多いのでは無いでしょうか。

 

10分でも20分でもまったく歩かないよりはマシですが、
血液循環という概念から言うと最大心拍数の8割ぐらい(少し早め)で15分以上が
効果的といわれています。

 

中には1日1万歩歩いているという方もいらっしゃることでしょう。
しかし歩く時間とともに歩き方も大切なのです。正しい歩き方できているでしょうか?
外反母趾で悩まれている方はおそらく正しい歩行ができていないのではと思われます。

 

正しい歩行

 

そもそも正しい歩行とは?

 

かかとから着地して指先に抜けると一般的に言われていますが
これは本来の生物学的な歩行からしたら不自然なことだそうです。
本来の猿だった人類はかかと、親指、小指の3点を同時について歩行している。これが正しい歩行なのです。

 

膝は軽度屈曲。確かに軍隊のような膝の伸びきった歩行は見た目は凛として綺麗かもしれません。
またヒールではこのような歩き方になりますが、これは本来の歩き方ではないということなのです。

 

 

更に言うと外反母趾の人はこの3点をうまく使えていません。
ベタベタと歩くようなおかしな歩き方になっている方が多いのです。
これは偏平足や足の指と指が開いている開帳足の方に見受けられる歩き方です。

 

足の裏を見ると指の付け根にタコができていたりします。つまり指の付け根で歩いているということです。
3点が、1点や2点を使ってしか歩けていない状況になってしまっています。

 

 

そうすると使わないところが出てくるのですが、使わない筋肉が退化することにより余計に
足の指が硬くなり結果外反母趾を引き起こします。
ですから間違った歩き方で歩いていると運動としてはよいかもしれませんが
足の負担やバランスに関してはあまり良い影響を与えないということになります。

 

 

歩行のために大切なこと

 

正しい歩行をしようとしても足の形状がそもそも正しく歩きにくい状態だと意識してもなかなか上手く歩けないということが起こります。
それを歩きやすくするのが整体ですが、自分でもバランスをとることで正しい足に戻すことができます。

 

本来は外反母趾も足だけの問題ではなく、体のバランスつまり足以外の部分をかばって足にいらない負担がかかった結果
親指に変形が起こるということが多々あります。この場合の原因はたとえば首であったり、
お腹や内臓などが下垂している状態をあしでバランスをとろうとしてなるということが考えられます。

 

こういった原因はなかなか自分では分かりにくいと思いますのでプロに任せるとして、
自分でできることは足のケアです。そのために必要なことは筋トレやマッサージです。

 

 

基本的な運動

 

グーパー運動

単純ですが意外とできないのが足のグーパー運動です。

足の指は手と同じように物を掴んだりできるような造りになっていますが、
普段指の一本一本を曲げる事があまりないために退化してしっかりと
地面を掴むことができなくなってしまっています。

 

 

これを戻すためには指の力を取り戻すほかにありません。そのための運動がタオルを手繰り寄せたり、
このグーパーする運動になります。初めはうまく指が動かせないかもしれませんが
続けていくことによりだんだんと動かせるようになってきます。
地道に継続することが重要です。

 

 

足の指をそれぞれ使う

 

次に必要なのは指の一つ、一つを動かすこと。

隣の指が動かないように固定して目標の指だけを曲げたり、伸ばしたりするようにしてみてください。
これも初めはまったく動かない指があると思います。
しかしトレーニングを重ねることで不思議と筋力が戻って来て動くようになってきます。

 

特に動かしにくい指があるはずなのでそこを中心に。ヒールを履いている人は特に
足の先が圧迫されていて曲がって伸びなくなっている人が多いです、
ご自身の指を見た時しっかり指が先まで伸びていますか?

 

曲がっていたら要注意です。しっかりと指が使えていない証拠です。
またヒールを履いている人は指の付け根を見たときにタコができていたりします。
これが酷くなると指元から指が曲がり変形してさらに歩きかたがおかしくなります。

 

 

普通に歩こうと意識してもベタベタ歩きになってしまいかねません。
まずは足の筋力を取り戻し緩めることでしっかり歩けるようにする。
そうすれば負担が減って自然と痛みも消失していきます。

 

繰り返さないために

 

痛みが取れても癖によっては繰り返す人もいますその他に原因がある場合、
内臓や骨盤の歪みも良くすれば万全です。この辺はプロに蒔かせるとして
足のケアと歩行の意識を変えることから始めましょう!

 

 

 

 

こんな足は要注意!?

 

行楽の季節、進んでお出かけしたいものです。
普段なら特に何も気にせず出かけられますが足が痛くて歩くのが辛いという方がいらっしゃいます。
足の痛み一つとっても魚の目や踵骨棘、モートン病など様々あります。

 

このブログでは近年多い、外反母趾についてお話してきたいと思います。
自分の足の角度を見てみてください。足の内側を親指に向けて真っすぐ伸ばした線と
親指が向いている方向を真っすぐ伸ばした線が交わる角度が外反母趾角と呼ばれるものです。

452712

9度から15までならば正常ですがそれ以上だと外反母趾。特に40度以上は重症の範囲になります。
痛みが無いと良く分からないという人もいますが指が変形していれば外反母趾という事になります。
症状も様々で、立っているだけで痛いという方もいらっしゃれば普段は大丈夫だけど靴を履くと途端に痛くなる、
形は酷いけれど痛みは無いと言う方まで。

 

親指が問題?

 

外反母趾は親指の所が変形し、粘液包ができて炎症を起こしたり筋肉が引っ張り合いを
起こしたりすることで痛みが出る症状です。
ここで大事な事があります。それは痛いところが原因かというとほとんどの場合そうではないと言う事実です。

 

どういう事かと言いますと、例えば長袖シャツの袖部分を引っ張ると肩先まで引っ張られますよね、
しわも襟元までよります。このしわを引っ張っているままアイロンをかけても
戻りませんよね。ではどうしたら襟のしわ取れますか?
簡単ですよね、シャツを引っ張っている手をどければいいんです。

 

 

そうです。お気づきでしょうか?普段自分で痛いところを揉んだり、
叩いたりそこにしっぷを張ったりしているのはこの手で袖を引っ張った状態で襟(痛いところ)に
アイロンをかけているのとまったく一緒だということです。

 

これが私たち人体にもまったく同じことが起きているのです。
つまりどこかをかばって痛みが出ているということです。
だから外反母趾も親指の形だけを無理やり曲げても痛みは無くならないんですね。

 

 

原因?

 

発生の原因は歩き方、遺伝、姿勢、内臓や身体のどこかをかばってなど様々あります。
これは人によって変わってきます。痛みの種類は似ていても原因は千差万別で人によって
異なると言う事です。ですから一般的なサポーターや中敷きも効果のある人と無い人がいるのです。

 

しかし多くの人が共通していることという物があります。それは足全体のカタチです。
親指が内側にせり出しているのは皆共通ですがその他に言えることは
足が開帳足と言って山なりが無くべたーーーっと横に開いているという事です。

 

これは一般的に足の筋肉を使っていないことから足が退化してしまっていると言えます。
そもそも私たちの足の裏が丸味をおびているのは、
体重を分散して重力に対する負担を減らそうと言う働きからです。

 

ですからこの縦と横のアーチが無いと結果的に体重が支えきれずにその負担が体のあちこちに現れます。
そのひとつが外反母趾です。そうです、外反母趾の一つの要因は足の筋力低下による退化によって
引き起こされていたのです。

 

テスト

試しに皆さん、足の指を横の指を動かさずに一本一本動かす事ができますか?
おそらくどこかの指は横の指が一緒について来てしまうのではないでしょうか?
本来、人間は猿のように足ももっと自由に動かせるのです。
しかし現代人は昔の人のように足を使わなくなったため使わない機能が退化して
うごかせなくなってきているということです。

 

 

ではなぜ開帳足だといけないのか?

まず足にかかる負担、衝撃を分散していると言いましたが、
足の一本一本が動かせる状態ならばその衝撃も全体に広がっていきますが、
固い状態だと衝撃が吸収されずに弱いところに集まります。そうですそれが親指に痛みが出るゆえんです。

 

 

そしてさらに本来バランスの良い歩き方とは踵で着地して小指から最後親指を蹴って歩きます。
足を使えていない人はこの蹴って進むことが上手くできないためベタベタした歩き方になります。
この状態で親指に痛みが出ると痛みを庇ってさらに親指でけり出す事ができなくなります。

 

よって今度は足の真ん中の方を使い歩くようになるのです。外反母趾の人は足の裏を見てみてください。
指の付け根がタコのようになっていたり、第2関節付近が曲がっていたりする人がいるのではないでしょうか?

 

これはそのあたりを親指の代わりに蹴り出しに使っている証拠です。
このように外反母趾の人は指を全体的に使う事が大切になってきます。

 

良くするために

 

しかし長年曲がったものや、痛みがあればなかなか自分では改善できないかもしれません。
しかし人間は必ず戻ろうとする力がありますので根気よく運動や指の間を解しながら
きちんとした歩行をしていくことで痛みが取れていくのです。

 

 

当院でオススメしているのはタオルを掴んだり、指を一本ずつ動かしたり、指を骨に添って緩めることです。
地味な作業ですが少しずつ変化が現れます。一歩一歩以前のような状態を取り戻し
しっかりとお出かけできるようにしたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

こんなに酷い外反母趾が治るとは思ってませんでした

福岡 整体

外反母趾改善に効果のある運動とは

足の指を使えていますか?

足にはいくつもの細かい筋肉がついています。
それら一つ一つを使えていればベストですが、
なかなか正しく使えている人はいません。

 

足を調べる

 

足をグーにしてみてください。
手のコブシにあたる部分がボコッと突き出しますか?
またパーにしたときにきちんと5本の指が開きますか?
IMG_20160602_153958

グーにしたときにベタッとして指の関節が突出しなかったり
パーにした時に指が上手く広がらなかったら要注意です。

 

また左右の足で比べてみてください。
どちらかの方が開きにくかったり
形が変わらなかったりしたらそちらの方の足が上手く使えていない証拠です。

 

 

また足の指を横から全体的に押さえて硬い方はありますか?
外反母趾の方の足は偏平足を伴うことが多く、
偏平足の方の足は横にベタッと広がって
います。指全体が幅広に広がっているということは足を
支えている筋力が低下していると言えます。

 

まずは自分の足を知ることから始めましょう!
そしてエクササイズをしていけば筋力はいくつになっても
戻っていくものです。これから書く内容をしっかり見て元の筋力をとりもどしましょう!

 

指の筋肉のバランスは大事

 

外反母趾で痛みがでるのは親指の付け根ですが、
実際に親指が悪くて痛みが出ているという事は意外と少ないです。
これは以外とお思いでしょうが、
指にあたった時の衝撃を受け止めきれずに
親指に痛みが出てしまうという方が正確です。

 

 

つまりクッションが硬くなってしまっているために、
親指に全負担がかかり痛みが出る状態が外反母趾の痛みの正体です。
ではそのクッションは何かというとそれが他の指の筋肉にあたります。

 

特に足の指の間の筋肉の硬さは直に親指に影響を与えます。
まずは筋肉をほぐしてやわらかくしてから
ストレッチやトレーニングをすると効果的です。
足のアーチを作る筋肉(このアーチが減少することで偏平足になります)
は重要です。

 

足先だけでなく、膝下や横から伸びてひっぱっている筋肉もあります。
前脛骨筋、後脛骨筋、長拇指屈筋、長指屈筋、母指内転筋、ヒ骨筋など
様々な筋肉が私たちの足を支えてくれているのです。

 

 

ほぐして動かす!

 

ほぐす

1足の裏の硬い部分を指圧するようにほぐします。

2足の指と指の間の筋肉をほぐして緩めます。

これは普段からほぐしておくと良いので気がついたら行ってください。

 

動かす

1足を縦に折るように曲げていきます。大きく全体を包み込むようにして

足の裏の筋肉を縮めるように曲げて行きます。

IMG_20160602_154755

2横に曲げていく

今度は横方向に折り曲げるように折って行きます。

IMG_20160602_154703

縦と横のアーチを取り戻せるようにしっかりと動かしていきましょう!

 

 

3指を動かす

指を床につけて、親指から一本一本反らすように動かしていきます。
隣の指を押さえてIMG_20160602_155853

目的の指だけが動くようにしていきます。
今度は逆に曲げるように動かして行きます。
全部の指が上手く動かせますか?

 

動きの悪い指は重点的に動かしてください!
すべての指が動くようになれば上手く足が使えるようになります。
これも時間を見つけてしっかりとトレーニングしていきましょう!

 

 

グーパー運動

 

足の指をグーパーするだけの運動ですが効果は高い運動です。

ポイントがあり

グーは指先だけでなく指の付け根からしっかり曲げるのがポイント
パーにするのは指を反らせるのではなく指どおしを横に開くようにするのがポイントです。

この運動も普段使っていない筋肉を使用するのでアーチを取り戻すのに有効な手段となります。

 

指の力を取り戻そう!

このように体操により指の力が入るようになってくると支える力と
負担を分散する力が戻ってきます。結果的に親指にかかっていた
負担が分散して指の痛みが軽減してきます。

わかりやすく言うとパンクしていたタイヤで走っていた車に
空気が入った状態です。
パンクした状態では走るとガタガタして車に負担がかかり
壊れる原因になるように
人間の足も同じで支える力がないと体にガタが来てしまうということです。

 

 

 

1歩ずつ

 

衰えた筋力はすぐに戻りはしませんが、
少しずつの努力で着実に回復していきます。
それは高齢になっても変わらないことです。

良く年の性という言葉を耳にしますが
いくつになっても体を回復させようという力はあります。
人によって差はありますがきちんと行えば結果に結びつきます。
足を本来の状態に戻して快適な生活を取り戻してください!

 

 

 

 

 

 

 

外反母趾の原因の謎とは?

外反母趾は足だけの問題ではない!

??

痛いのは足だけどと思われるかもしれません。しかし実際に多くの場合ほかにも原因があるです。
例えば足の硬さ。 外反母趾の方の足、特に膝下や脛は正常な足の方と比べて
明らかに硬いという点が見られます。この硬さは骨の硬さではありません。
筋肉や骨には膜がついています。この膜が硬くなったり引きつることで歪みや痛みが生じるのです。

 

なぜ硬くなるのか?

 

人の体は血液が細胞に栄養を運ぶことで回復して正常な状態で生活することができるのです。
たとえると血液やリンパなどの体の栄養を運ぶ川が、落石などの影響でせき止められると
下流に流れる水に影響するように、体液(血液)も流れがせき止められることで
足元まで流れにくい状態になってしまうのです。

 

 

そうすると当然栄養が運ばれなくなり、親指をはじめ足の指が硬くなります。
結果弱っている親指の先に痛みが出るという流れです。

 

 

せき止めているものは何?

 

ではなぜ血流が悪くなるのかという疑問が出てきますよね。それには様々な要因が考えられます。
まず内臓機能の低下により流れが悪くなる場合、人間の体は内臓が重要な部分を担っています。
心臓の機能が低下すれば押し出される血流に影響しますし、
腎臓が機能低下すれば水分の流れに関係します。
このように内臓の疲れから体液の流れの悪さ、かばって体が硬くなり、足が痛くなるという方もいます。

 

 

運動不足や睡眠不足

 

これも大事な要素です。外反母趾は足の指の退化とも言われていますが
使っていない部分は足が硬くなります。これにより流れが阻害されるパターン。
それから睡眠に関しては寝ている間に体を修復するのでこの睡眠の質が悪いせいで体が回復できずに
流れが悪くなるパターンです。

そのほか食事も影響します。悪いもの、お酒、カフェイン、
塩分などの取りすぎで直接内臓が疲労する場合もありますが、
悪いものが血液の中を流れて細胞そのものを硬くすることも考えられます。
以上のことから日常生活の習慣が体の流れをわるくするということが考えられるのです。

 

 

歪みと流れ

 

こういった日常生活の疲労が蓄積されてくると細胞が硬くなり結果歪みという状態を生み出します。
歪みは体を守ろうとしてできる防衛本能でもありますが、ひどくなると自分では戻しにくい状態になります。
ちょうどホースが踏み潰されて水が流れなくなるような状態、このホースを押しつぶしているのが歪みにあたります。

 

 

歪みを正す

 

歪みを正すために自分でできることはマッサージやストレッチです。
マッサージはあまり強めのマッサージはお勧めできません。体が硬くなることさえあります。
ただし硬くなっている親指付近の硬さは少し痛みが出るくらい強めに押しても大丈夫です。
指と指の間の筋肉をほぐすのがポイントです。

 

 

後は下肢のストレッチ。ここで重要なのはふくらはぎ、腿、お尻など主要な筋肉です。
ストレッチの基本は30秒は息を吐きながらしっかり行うこと
これ以下だと筋肉が伸び始める前に終わってしまうので意味がなくなってしまいます。
各ストレッチを3,4セットしてください。筋肉を意識して伸ばすのもポイントです。

437254

流れがよくなると

 

稼動域が増えるのでやわらかくなります。すると負担のかかっていた部分の負担が減るので痛みが
少しずつ改善されていきます。まずは柔らかさ、柔軟性を取り戻しながら筋肉をつけていくことが大事なことです。

筋肉をつけるには足のグーパー運動や、痛みの無い範囲で歩いたりすることです。
歪みを正しながら歩かなければ負担にしかなりません。
歪みをとりながら本来の動きを取り戻していくことで痛みが消えてくるのです。

 

同時に食事、睡眠を

 

よい状態を維持することが次に大切なことになってきます。この状態を維持するためには
先ほど述べた食事や睡眠の質がかかわって来ます。
痛みと一見関係なさそうなこれらが実は一番大切な部分にあたります。

 

運動とマッサージに日常生活の改善を組み合わせることで
相乗的な効果を上げることができるようになるのです。

効果は人により変わりますが、続けることで動く範囲や立ちやすさなど
痛み以外の変化が先に現れると思います。地道な努力が必ず実を結びます。
しっかりとケアをして外反母趾を改善させていきましょう!

 

夏に向けて外反母趾を改善しよう!

だんだん温くなり外に出かける頻度も増えてくるかと思います。
夏場はサンダルや開放的な衣服、靴を履いて出かける機会も多くなりますね。
そんなときに外反母趾で足が変形していたり痛みが足にあれば気持ちよく行動ができませんね。
夏までに足の痛みや不調を少しでも改善して海や山にお出かけしましょう!

 

9d6f71e731de1896ed3dd6a14b25d92b_s

 

外反母趾の原因

 

指が出ているら痛い?
外反母趾は指が出っ張っているから痛い!
そう思っている方はいらっしゃいませんか?
外反母趾の方は親指が捻じれながら外側に突出していて出ている所に衝撃が
来ると痛みが出ます。ですので親指が出ているから痛いと思うかもしれません。
しかしこれは結果的に変形しているのであって実は出っ張っているから
痛いのではありません。

 

実際指の形が変形していても痛く無いと言う人も沢山いらっしゃいます。
では何故形が悪くても痛い人と痛くない人がいるのでしょうか?
それはまず外反母趾のメカニズムから知る必要があるのです。

 

外反母趾と偏平足

外反母趾は偏平足を伴います。これはアーチという足の弓なりの形が崩れて
横に広がったような状態になってしまうことです。外反母趾とこのアーチはとても
重要な繋がりがあるのです。何のために人の足はカーブを描いているのでしょうか?
それは重力に逆らい体を支えるためです。

 

この絶妙なカーブによって体重を支えて体の負担を減らしてくれているのです。
このアーチが崩れてくると負担が直接からだにまで影響するので足だけでなく
全身に悪影響をもたらします。外反母趾の方はご自分の足を見ていただけると分かると思いますが
弓なりが減少して横にべたっと開いてしまっているような足の形をしていませんか?

 

そしてその状態で固まってしまっているので、指を曲げたり開こうと思っても
上手くうごかせなくなってしまっているのです。もう一度外反母趾の方は今度は
足をグーパーしてみてください。特に痛みや変形が酷い方の足と良い方を比べて見てください。
悪い方の動きの方がぎこちなくありませんか?
外反母趾の原因は指の形よりも先にこの硬さが問題になってきます。

 

何で硬くなったか?

これには靴のせいや、運動不足、遺伝と様々ですが硬くなったものは生まれつきを
除いて必ず元に戻ります。ただその過程で戻りやすい場合があります。
それは足先だけが問題じゃなくて脛や腿などの上の部分、
さらにはお腹や内臓などの調子が悪くてかばっていたり
血流が悪くなり足が戻りやすいという人もいます。

 

 

ですので整体では痛いところではなく足を硬くして
歪めているところを治すといった感じです。
足が元通りに柔らかくなれば足にクッション性が戻ってくるので、
衝撃を受けとめやすくなります。

 

結局痛みの原因は?

 

話が戻りますがでは足の変形ではなく何が原因かと言えば足が退化したことにより、
指回りとくに指の間に柔軟性が無くなったことで飛び出ている親指に
全部負担が行った結果痛みが出ている状態。それが外反母趾なのです。

 

ですから足の関節、筋肉に柔軟性が戻り。衝撃を受け流せるようになれば
100の力で親指に受けていた負担が80になり50になりと減って
行き最終的に0になって行きます。

これを足の指の形だけで見ていると他の部分は硬いままなので根本的には変わりません。
その場しのぎであったり、痛みに変化が無かったりという事になってしまいかねません。

 

指を柔らかくするために

 

一番簡単なものはまずはほぐすこと、特に指と指の間の筋肉。
ここが一番硬くなりやすくまた親指に直接関係するところでもあります。
ここをクリームなどをつけて骨の際から少し強めに擦るように解してください。

 

足の両側から指で掴んで握ってもらえばその硬さが少しずつ変わっていくのがわかると思います。
この指の硬さを指標にして少しずつ柔らかさを取り戻していきましょう。
先ほどお伝えしたように指だけが問題じゃない場合もあるので全身の
血流や特に下半身の血流は大事です。

 

そのためには内臓を労わるために運動をしたり(歩いたり)、食事に気をつけたり
睡眠をとったりと一見関係ないことも重要になってきます。
その方が全体的に早く良くなるからです。まずは1ヶ月しっかりやってみて
初めと硬さの違いや指の開き方を比べて見ましょう。
痛み自体は人によって治るスピードに個人差があります。

 

あせらずに、柔らかさや動きの違いをチェックしてしっかりと
柔軟性を取り戻していけば徐々に変化が出てくるはずです。
この夏は好きな服や靴を履いて外に出かけたいものですね!
いまからそれまでにしっかりケアをして最高の夏を迎えましょう。

インターネット限定予約特典

ご予約時にホームページを見たと言って頂ければ、初回の方のみ!月10名様限定で施術料金を40%割引いたします。片足8000円→5000円、両足15000円→10000円。VISA、MASTERのクレジットカードもお使いいただけます。

地下鉄天神駅から2分、年中無休なので足が痛くても気軽に通いやすい。
予約制でお待たせしませんのであなたの時間を無駄にいたしません。

451人の外反母趾の痛みに悩まされていた方々にとても好評だった体操法と、その体操で使うアイテムをプレゼントいたします。

完全予約制

福岡外反母趾センターは完全予約制です。当日予約も受け付けておりますので、必ずご予約の上でご来店下さい。

予約方法

お電話かWEBでご予約を承っています。

お電話でご予約される方は092-483-0007までお電話ください。
WEBでの予約はこちらの予約システムからどうぞ。
担当者が「お電話ありがとうございます!骨盤王国の○○です!」と電話にでますので、
「ホームページを見ました。予約を取りたいです。」とお伝えください。
お名前、現在の症状、ご希望日時、お電話番号を確認させていただきます。
安心の全額返金保証

福岡外反母趾センターはあなたの期待を裏切らない自信があります。ですので、万が一施術を受けてご満足されないようでしたらお金は全額返金いたします!常に最短で改善できるようにいつも心がけていますが、外反母趾の進行具合によっては長期的な施術が必要になる場合もございます。1回で治らないといった理由での返金は行っていません。(申込期間は初回から3日以内です。2度目以降の返金は出来ません。)

外反母趾の矯正で返金保証が付いているのは福岡では福岡外反母趾センター以外にありません。

ひどい外反母趾も改善!もう大丈夫。私達にお任せ下さい!
「手術しかないと言われた」「何をしても改善せず40年間悩んでいる」「こんな痛みでも大丈夫?」そんな悩みがあれば気軽にお電話でご相談ください。

骨盤王国併設の福岡外反母趾センター。お電話092-483-0007、営業時間は年中無休の10:00~21:00、受付時間は10:00~20:00です。住所は福岡市博多区博多駅前三丁目27番24号 博多タナカビル3階B2号室、博多駅より徒歩4分。クレジットカードをお使いいただけます。

お電話でご予約される方は092-483-0007までお電話ください。
WEBでの予約はこちらの予約システムからどうぞ。
地図を詳しく見る