福岡の外反母趾ブログ

外反母趾とO脚の関係とは

外反母趾でかつO脚の方いませんか?
同じ足の症状ですが実は関係も深いんです。
外反母趾は足の親指が内側に曲がって痛みがでる症状。
O脚は膝がつかずに足が広がる状態です。

132568

外反母趾の人の足とは?

 

外反母趾の人の足を見るとまず親指が曲がっていて、
指がべたっと開いています。酷い人は親指が隣の指に乗っかってしまっていたり、指全体が反り返ってしまっています。

 

O脚の人の脚は?

一方O脚の人の脚はというと、まず膝が離れているのですが
パターンも色々あり股関節から開いている人骨盤が開き気味の人
膝が外に曲がっている人、足首から下が外側に曲がっている人
などがいます。

 

 

外反母趾もO脚も正しく綺麗な足の状態ではありません。
歪みによって正常な状態から逸脱した状態になっているのです。
ではもう一度外反母趾から見て行きましょう。

 

外反母趾とは簡単に言ってしまうと足の指の退化です。
つまり足の関節や印肉を使えていない事が原因で
足が変形して痛みと言う症状が出てしまっている状態なのです。

 

特に重要なのが足の指と指の間の筋肉でこの筋肉が硬くなると
指を弓のように引っ張ってしまい親指の変形が進みます。
次第に足が偏平足になりペタペタと歩くようになってきます。

 

するとしっかりと足の真ん中で体重が支えられない状態になり。
外側で歩いたりするようになってきます。

 

こうなって来ると、土台が歪んだ建築物と同じで上の方も外側が張って来るようになってきます。だんだんと足の外側の緊張が強くなり足が開いてきます。そうです、こうなって来ると足がO脚になってくるのです。

これは必ずしもなるというわけではありませんが一連のパターンとしてあり得ることです。

 

まとめると

足の指の退化から筋肉の緊張で関節が引っ張られて変形しそれが進むと上の方まで緊張が走りO脚などの脚の歪みにつながると言うわけです。また外反母趾の痛みを避ける無意識の姿勢によっても
体は曲がって行きます。

 

人間は反射と言って無意識に庇う機能があるのです。
お腹が痛ければ自然と前かがみになってお腹を丸めるような感じです。
実際このお腹を丸める動作も内臓体壁反射と言う庇う姿勢なのです。

 

このように内臓が原因で姿勢が悪くなったり
内臓が原因でO脚になったり、外反母趾になる事さえあります。
つまりは体は上からしたまで密接に繋がっているということです。

 

 

まずは足元から

 

では外反母趾を良くするためにを踏まえてどうしたらよいか?それはブログで度々上げているのですが、まずは硬くなった筋肉や靭帯を緩めて元通りの動きを取り戻していくことが大切になってきます。

 

特に影響があるといるのが足の指と指の間の筋肉(骨間筋)です。この間の筋肉が硬くなるにつれて指が弓なりに引っ張られて最終的に痛みが表に出てくると言われています。ですからまずこの硬くなり引っ張っている筋肉を緩める事が大事になってくるのです。

 

 

筋肉を緩める

P_20151110_224756

方法は直接的に緩めるのであれば少し強めに指と指の間をマッサージするように、また指と指を剥がすように筋肉を緩めていきます。
そして筋肉量を回復するのと動きをつけるのが足の運動になります。

良く言われているのが足の指でタオルを手繰り寄せる運動や足の指を開いたり曲げたりする所謂足でグーとパーを作る運動になります。

 

P_20151027_151820P_20151027_151817

ポイントとしては解すのはしっかりと最初は痛いかもしれませんが指の付け根から先までしっかりと力をいれて緩めてあげることです。緩んでくれば痛みも出にくくなってきますが初めは場合によっては内出血をしたり痛みが出るかもしれません。様子を見ながら刺激を入れていってください。

 

 

それから運動に関してはしっかりと足の指の付け根から指を動かすとです。指先だけを曲げたくなると思いますが、それ自体が指が退化している証拠なのです。しっかりと筋力が戻ってくると指の関節の深いところから曲げられるようになってくるはずです。

 

このように柔らかい筋肉が強い力を発揮できるようになると、次第にしっかりと地面をつかめるように立てるようになってきます。

そうすれば必然的に重心も正しい位置に変わってきて歩き方も変わるのでO脚などの見た目も次第に変わってくると思います。

 

ただ個人差はありますが、長年かかった場合は変化もゆっくりになるので少々時間がかかると思います。あせらず変化にしっかりと目を向けて一歩一歩改善していってください。

 

 

痛みもなく見た目も美しく

 

好きな靴が履けて綺麗な歩き方になる。誰しもそうありたいものです。コツコツ努力を重ねれば必ず変化は起こります。頑張っていてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイヒールと外反母趾の関係とは?

094246

 

「好きな靴を履きたい!」でも痛くて靴が選べないという方。外反母趾の原因はヒールだと聞いたのでヒールが履けない。
などと言う方はいらっしゃいませんか?
靴で悩まれている方は思いのほか多いのです。
今回は外反母趾とヒール及び履物についてお伝えしたいと思います。

 

 

外反母趾の原因は靴?

 

良く耳にする事ですが、外反母趾の原因は靴であるという話。では実際にはどうなのでしょうか?
確かに皆様の中ではヒールを長年履いていた事でだんだんと痛みが出て来た。と言う方も少なくないと思います。

 

しかし外反母趾の方には子どもの頃から外反母趾だったという方もいらっしゃいます。
もちろん子どもの頃からヒールを履いているという方はいないと思います。
これは必ずしも履物だけが原因では無いという事を物語っている事です。

 

他に良く耳にする外反母趾の原因は、遺伝的要因や運動不足なども挙げられています。
すべてにおいて原因の一つになっていることは事実です。しかし物事には必ずメカニズムがあります。
ヒールで外反母趾になるにも原因があるのです。

 

そもそもヒールは履いてみると分かると思いますがとても不自然なバランスになる履物です。
前に傾斜があるので重心が変わるのは必然です。
このバランスの変化が外反母趾には関係してくるのです。

 

ヒールと外反母趾

 

ではいよいよヒールと外反母趾をお話します。

まず一つの問題点は先ほど述べたようにバランスが変わることによる弊害です。
本来の足の重心が指の付け根に集中することで指が浮足だって来ます。

 

足の指が反るような形になり、足の指にタコが出来てきたりすることもあります。
このような変形が重なって来ると筋肉も硬縮して指を引っ張り結果、
親指の親指に負担が来て外反母趾になって来るのです。

 

 

もう一つはヒールの中で足が前に行かないように踏ん張る事で足に緊張が走り、
歪みを形成するという点です。これは無意識ですが狭い靴の中で抵抗する力が働くことにより起こる歪みです。
このような歪みの蓄積が外反母趾を生みます。

 

 

真の原因

 

これまでヒールによる弊害を伝えて来ましたが、一番の原因は何かと言われればそれは足の筋肉の退化と言えます。
足の筋肉を正しく使っていないことが原因で指の筋肉が硬くなり指を
弓のように弾くことにより親指に負担がかかり痛みとして現れるのです。

 

特に重要なのが親指と人差し指の間の筋肉、骨間筋です。
本来人の足は猿と同じように指で物を取ったりすることもできるぐらいの可動性と筋肉の力をもっていると言います。
それが使わないことで退化して硬くなり指を動かすことも出来なくなってしまうのです。

 

実際に足をグーパーしてみて、開きにくい曲げ辛いという感覚はあるでしょうか?
どちらかの足、特に外反母趾の酷い側は健側にくらべて動きにくいのではないでしょうか?
それが足が退化している証拠です。ですから自分でケアするには
足の指を動かして本来の動きを取り戻す事が必要になってくるのです。

 

 

足のトレーニング

 

では歪んだ足や衰えた筋肉は元に戻らないのでしょうか?人には自然治癒力という能力が備わっています。
いくつになっても骨の変形は別ですが筋肉は元に戻ることができるのです。
それにはまず硬くなった筋肉をほぐす所から始めた方が良いです。

 

 

指をほぐす

クリームなど塗って足の指と指の間の筋肉を少し強めにマッサージするようにほぐしていきましょう。
ほぐす前と比べて足の指が動かしやすくなったり立った感覚が変わって来ると思います。
その変化に目を向けながら地道に行ってください。

 

指のグーパー運動

 

次にしていたたきたいのが足の指を閉じたり開いたりする運動です。
ポイントは曲げる時(グーの時は)指先だけでなく指の付け根から折り曲げることと
開くときは足の指を反らすよりも横に広げるイメージで行ってください。

 

これも繰り返すことでだんだんと指が動くようになってきます。
動きがつくことで徐々に痛みも改善してきます。
これ以外にも内臓や膝、股関節、体幹の問題など上げるとその原因は様々ですが
そこについては検査などが必要なこともありますので足の運動を続けてみてください。
きっと変化が表れてくると思います。

 

 

ヒールを履くか否か

 

外反母趾の原因が靴だけでないのは分かっていただけたと思いますがやはりヒールは負担がかかる履物です。
長時間はなるべく履かない方が体には良いです。特に痛みがあるのに無理をするのはお勧めできません。

しつかりとケアを続けて痛みが消えてきたらお出かけの時だけ履くなど切り替えられるといいですね。
細かい検査や何かご不明な点がありましたらいつでもご連絡お待ちしております。

 

 

 

 

痛風で赤く腫れ上がり歩けないほどの外反母趾が4回で改善

「痛風で赤く腫れ上がり歩けないほどの外反母趾が4回で改善」

IMG_45923

今日で4回目の施術を終えたKさん。

初めて来院された時は足を引きずって来られました。

お尋ねした所、元々外反母趾がありたまに痛みも出ていたそうですが、

こんなに激痛がしたのは今回が初めてです。とおっしゃっていました。

 

また、10日後にアメリカに旅行に行くとのこともあり歩けないといけないので

今回は緊急で施術を詰めてほぼ毎日行いました。

最初は写真を見ても分かる通り親指が真っ赤に腫れあがり熱を持っていました。

 

擦るだけでもズキズキして痛い状態で地面に足を着くと激痛が走っていました。

また、写真は右足ですが左足を1ヶ月前ぐらいに捻挫したこともあり、

 

左足も可動域が狭く動きづらい状態でした。

結果から言うと4回の施術でほんの少し痛みが残りますが普通に歩けるようになりました。

無事にアメリカにも行けそうで本当に良かったです!!

 

 

 

今回のお悩み

 

☑激痛で歩けないので10日以内になんとかして欲しい。

 

☑腫れを引かせたい。

 

☑長時間歩けるようになりたい。

 

 

 

検査

 

親指の関節を検査するが異常なし。

その他、足の関節を一つ一つ丁寧に検査するも異常なし。

この時点で痛みの原因は足以外にあると判断。

 

当院オリジナルの検査で体に聞いていくと、

内臓に異常あり。腎臓。

 

 

一回目の調整

 

IMG_4592

 

親指に異常がないと判断し、

腎臓の調整。定位置に調整して戻し機能を正常に近づけました。

また、それに関係する経絡の治療も行いました。

 

この時点で赤味がすこし消え痛みが軽減。

足がつけるようになりました。

 

 

2回目の調整

 

2-1

 

来院時点で前回よりもかなり良い。

今回も腎臓を調整。定位置に戻し、

エネルギー的にもバランスを整える。

 

今回、検査をもう少し進めると

ストレスと疲労が結果として出てきました。

こういった急性の症状はストレスや疲労が関係していることがとても多いです。

 

Kさんに聞いてみたところ年末から、色々あり忙しく

また、ストレスもかなり抱えていたと話してくれました。

ですので、今回は疲労を取り除くため肝臓の調整を加え

 

ストレスのツボを調整し、体から負担を減らし

自然治癒力を高めました。

この時点で指を捻っても曲げても痛みがなくなりました。

 

 

3回目の調整

 

4

赤味がすこし戻った感じです。

Kさんが来院してすぐに「病院で痛風といわれました」とおっしゃられました。

尿酸値が高いので、それに関する施術をプラスして今回は終了。

 

触って親指の熱感もほぼ消えてきました。

アメリカに行けそうです!!!

 

 

 

4回目の調整

 

3

 

ここで脳脊髄液の流れを良くするための調整も入れ

自然治癒力を高める。ここまで親指を触る調整は一切なし。

その他に頭蓋骨の動きを良くする調整を追加。

 

薬がよく効くように肝臓、腎臓も調整。

今回で痛みは殆ど無し。

赤味も消え、普通に歩けるようになりました。

 

心配なのでアメリカから帰ってきたらもう一度治療に来ると約束し今回は終了です。

 

12695341_887856368002565_749330504_o

昔から右足の親指の付け根の所が内側に曲がっていたので

外反母趾なんだと思っていたのが急にはれて疼いて夜も眠れなくなり、

以前新聞で見ていた記事を思い出しすぐにググると

 

当院が紹介されていて「わら」にもすがる思いで来院しました。

原因は自分の中にあると身体の使いすぎで発症しているのが分かりビックリ!!

 

すこしずつ痛みが収まるのは本当に不思議でした!!

今回は単発で施術をしてもらいましたが、また機会があれば全体を見ていただきたいと

思いました。「王子」ありがとうございます!!

 

職業 主婦

 

 

 

 

終わりに

 

外反母趾の痛みだと思って、治療していても中々治らない。

なぜかって?それは足に原因がないから。

今回のKさんがそれを証明してくれています。

 

例えば、内臓が原因だったり、頭蓋骨の歪みだったり

ストレスが原因だったり。大事なのはなぜその外反母趾が痛みだしたか?

ということです。当院の口癖ですが・・・

 

痛みがあるところに原因はない。

90%ぐらい外反母趾があるからといって、

親指の歪みが痛みに直接影響していることはありません。

 

あなたの外反母趾の痛みはどこから来ていますか?

色々迷う前に一番最初に当院にお越しください。

 

私達はあなたにとって最初で最後の治療院です。

あなたの足の形は正常ですか?

117822

外反母趾の人の足にはある特徴があります。それは足の甲が横に広がっていると
言う共通点です。これを開帳足(かいちょうそく)と言います。一般的に言うと偏平足とも重なる部分があります。

ご自身の足の形を見て見てください。足が横に広がってはいませんか?
本来人の足は曲線を描いています。弓なりに曲がるアーチを作ることで体重を支え
負担を分散し軽減しているのです。

 

このアーチが無くなって足が開き、正しく足の形が維持できなくなった状態、それが開張足です。

 

 

アーチの大切さ

扁平

偏平足 Wikipediaより

先ほど述べた
ようにアーチが無くなると上手く重力を支えられなくなるので負担が増えます。ペタペタと歩くような歩行になり、
その歪が全身に波状することもあります。

 

では何故このような足の変形が起こるのでしょうか?一つは運動不足による筋力の低下です。このアーチを形成する上で一番重要な所が足の指と指の間の筋肉骨間筋です。特に足の先から数えて3番目の関節の間の筋肉が衰えると足のカーブが維持できなくなってきます。

 

この筋肉は足を地面から蹴り出す時に使う筋肉なので使わないと筋力が落ちて足の形が変わってしまします。2番目は歩き方の影響。歩いていても、歩き方が悪くても良くありません。本来ならば踵から着地して、小指を介して親指に重心が移動し最後に親指でけり上げて人は歩行します。

しかしペタペタ歩きの人は足全体の1点か、指先を使わず踵と足の裏2点で歩いたりしています。これだとキチンと蹴る指の筋肉が使われていないので結果変形を招くことになります。

3つ目は靴の影響です。とくに女性の履くヒール。ヒールは前側に重心が傾き、指の付け根に負担がかかります。靴の中で足の指が圧迫されて変形を生みます。

 

 

 

これらの原因が元で変形が進み、足のアーチが無くなってしまうのです。

 

 

外反母趾と足の形

 

では何故足の形と外反母趾が関係するのでしょうか?それは指の間の筋肉が変形により引っ張られ、また使わないことで退化して固くなり周囲の足の指を引っ張るのです。丁度弓を引くように引っ張ります。特に親指の付け根の筋肉が強く緊張するので指が外側に
曲げられて最終的には関節に痛みが出てくる。これが外反母趾の正体です。

 

 

更に酷くなると、親指が隣の人差し指の上にまでせり上がってたり、指自体が反り返って曲がらなくなってきたりと言う状態になってしまいます。ここまでになって来ると歩かなくても痛いとか、どんな靴でも痛いという様な状況になってしまいます。

 

ここまでで足の形がいかに大切かおわかりいただけたでしょうか。

ですから足のアーチがしっかりしていれば痛みの出にくい足になると言う事です。

 

アーチを作る

 

ではアーチを作るためにはどうしたらよいでしょうか。簡単にいえばアーチが無くなった逆のことをすればよいのです。
つまり運動不足、歩き方、靴などによって崩れたアーチを筋トレや歩き方、
靴などに気をつけることで回復させてあげれば外反母趾の痛みから解放されるようになります。

 

まずしなければいけないのは使わなくなったり、偏って使った事で固くなった指の筋肉を緩めることです。
指と指の間の筋肉を強めにマッサージしてください。特に重要なのは親指と人差し指の間の筋肉です。

 

この筋肉が親指を引っ張る事で親指が外側に変形するのを助長しているからです。
次に重要なのが足の指を動かすことです。足の指を曲げたり開いたりしてみてください。
上手に曲げ伸ばしできるでしょうか?

 

指先だけでなく指の付け根から開いて、指を反らすのではなく指が広げられるかがポイントになってきます。
左右でくらべてみてください。どちらか、特に外反母趾が酷い方は動きが鈍いのではないでしょうか?
この動きがスムーズにできるようになっているころには痛みも変化してきていると思います。

 

グーパーする運動はそれだけで治療になります。30回を1セットで朝晩に定期的に行ってください。
それと同時に足の指をほぐすのをセットで行います。単純な動作とマッサージですがこれだけでも続けることで必ず変化が出て来ます。

 

何故ならきちんと原因に元付いた回復法だからです。これはおとても自然なことなのです。曲がっているから強引に削ったり、引っ張ったりすると必ずその歪が体に現れます。人はいくつになっても元に戻ろうとする自然治癒力があります。
それを信じて行動すれば体は回復していくのです。

しっかりとケアをして痛みの無い生活を取り戻しましょう!

 

 

 

 

あなたの足の形は正常ですか?

 

外反母趾とテーピング

「歩くのが辛い」「好きな靴が履けない」「庇っていて歩き方がおかしくなった」
などの悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?
外反母趾になると炎症を起こしたりして何もしなくても痛む事もあります。

 

病院でレントゲンを撮っても特に痛み止めやシップしか処置がなかったりと、
どこに頼って良いかも分からない人も多いかと思います。

 

またひどい場合は手術を勧められることもありますが、骨を削るという手術には不安が募るものです。
実際手術をしても痛みが変わらなかったり、それが元となってほかの部分に痛みが出たりする場合もあるのです。

 

 

外反母趾は治るのか?

 

では実際外反母趾は治るのでしょうか?結論から言うとかなりの確率で良くなると思います。
ただ状況においては根気が必要になってきます。しかし
しっかりとそのメカニズムを把握して努力を重なれば必ず好転していくはずです。

 

 

それではまず外反母趾とは何かをしるところから始まります。外反母趾とはそもそも足の指の退化です。
足の指と指の間の筋肉をしっかりと使えていないために筋肉が弱体化して支えられなくなり
結果として一番負担のかかる足の親指に痛みが出ている状態それが外反母趾の正体です。

 

一番はきちんとした歩き方ができていないことですが、歩くこと自体をしていないことにも問題があります。
ですからきちんと固くこわばった指の筋肉を緩めて、
正しい歩行を心がけることによって外反母趾の痛みは改善していきます。

 

まずは緩める

 

まずは足の指の間の筋肉を緩めるところから始めましょう!
足の指と指の間の筋肉を強めにマッサージするように緩めていきます。

 

初めは少々痛みがあるかもしれません。しかしそれが凝り固まっている証拠です。
しっかりと指の間の筋肉と骨の際を引きはがすように緩めてください。

 

それから足をグーパーするように動かすのも大切です。左右でやりにくい方を多めに行ってください。
ここでのポイントは指先だけを曲げ伸ばしするのではなく、足の指の付け根から曲げ伸ばしするということ。
開くときも指を反らすというより指を横に広げる事を意識してください。
しかしまずは難しく考えずに指の間を柔らかくするという事だけを考えてしっかりと毎日行ってください。

 

この毎日行うという事が大事な事になってきます。
まさに継続は力なりです。
小さな努力の積み重ねが結果大きな力となります。

 

テーピング

 

さあ指をほぐした後にはテーピングも有効です。
これも色々なテーピング方があると思いますし、沢山あげると覚えるのが難しかったり伝わりにくいこともあると思いますので、
一番大切な箇所だけをお伝えします。

 

 

一番大切な箇所とは、指の付け根から足の甲にかけての部分。中足骨と呼ばれる部分が
一番重要な部分です。この部分が不安定になることで親指に負担がかかって来るのです。
ですからまずはこの部分を補強して負担を減らす。これから始めてみましょう!

 

113002

図にあるように指の付け根に市販のテープを少し柔らかめにぐるりと巻いてください。
本来は寝るときは外して昼間行動する時をメインにテープをするものですが、緩めのテープなら寝ている時でも大丈夫です。
軽いモノならテープだけでも良くなることもあります。
しかし一番重要なのは先ほどあげた指の間の筋肉を正常に戻すことなので必ず体操やマッサージとセットで行ってください。

 

テーピングをすることで相乗効果を出すことが狙いなので、しっかりと運動を続けてください。
それからテープでかぶれたりしないように1日ごとに交換することも注意してください。

 

まずはやってみる

悩んでいる人の中にはまだ行動していない人や諦めている方もいるようです。
どうせ治らないとか何をして良いかわからないなど。まずは行動してみてください。
実際に諦めていた人が良くなった症例は沢山あります。

 

一つ一つは地味な運動やテクニックかもしれませんが一歩ずつ着実に変化が出るものです。また以前のように好きな靴を履いて、
すきな場所へ出かけられるように痛みからの解放へ向けて頑張って行きましょう!
当ブログではそんな貴方を応援しております。
効果のあるテクニックや症例を随時紹介しております。
何かありましたら一度ご相談ください。

紫色で激痛だった外反母趾が透明になりヒールが履けるようになりました!

6回で外反母趾の形も変わりヒールが履けるようになりました!

 

20代のMさん。外反母趾の原因は骨盤と内臓の問題。

 

今日で6回の施術を受けられたMさん。

 

1〜3回目は痛みはあまり変化ありませんでしたが、

紫色だった外反母趾が徐々に色が変化していき

透明感溢れる皮膚になりました。

 

宿題をしっかりやっていたこともあり

4回目の調整後、足の指が大きく動くようになる。

信号がチカチカしてつい走った横断歩道でも痛みが減っていた。

(いままではすこし走るだけでも激痛だった)

 

5回目の調整後、さらに足の指が大きく動くようになる。

痛みも残り1割ぐらいになる。結婚式でヒールを履いたそうですが

ほぼ痛みなく履けたそうで良かったです。

 

今回のお悩み

 

外反母趾でかなりの変形痛みが酷い。

すこし走ると痛みが走る。

ヒールが履けない。

 

 

・・・というご様子でした。

 

 

検査

 

骨盤と内臓に異常。

親指はゆがんで入るがここに原因はないと判断。

 

調整

 

まずは内臓の調整から、

肺と腸にメジャーを確認。

原因はストレスと判断。

 

ストレスシャットダウンポイントの治療

この時点で内臓の動きが改善。

合わせて骨盤の動きも改善。

 

その後の調整で同じくストレスポイントを施術。

根本原因は徐々に消えてきたので、

一日でも早く良くなってもらうため末端の外反母趾の歪みの調整。

これは関節の調整なので骨と骨を持ってゆっくりと動かしていきます。

 

ずいぶん指が動き出しました。

こういった施術を繰り返し、外反母趾は改善しました。

 

 

「ハイヒールを這うのがすごく好きだけど、

履いていると親指が変形して赤くなる。

それが、ヒールを履いた後も痛みがなくなった!

指と指の間が空いたし普段の生活で走りやすくなった。

最初紫だった外反母趾の色も白で透明感になりました」

 

「施術に痛みはなく矯正というか、気持よくて寝そうになりました」

 

「女性でお洒落をしたい方はぜひ来て下さい!!!!」

 

終わりに

 

外反母趾だからと言って彼女のように必ずしも指が悪いわけではありません。

テーピングをしたが効かない。他の調整をしてもらったが痛いだけ。

手術をしようか迷っている。そんなひとは諦める前に一度勇気を持って

ご相談下さい。私達があなたにとって最後の治療家になります。

できれば、色々行って時間とお金を無駄にする前にお待ちしていますね。

 

あなたの体も歪んでいるかも?外反母趾のバランスチェック

歪みとは

 

 

外反母趾でお困りのあなた。外反母趾は体の使い方による足の歪みです。実はあなたの体全体が歪んでいるかも?
では歪みってそもそもなんでしょう?人間には必ず聞き手や聞き足などの癖があります。
同じ筋肉ばかり使っていると使用している筋肉が疲労して緊張が強くなります。

 

その状態でずっと生活していると綱引きのようにその筋肉に引っ張られて倒れてしまいます。
そうならないように体を元に戻そうと補正する力が歪みになります。

本来ならこの歪みは寝ている間にリセットされて次の日には戻るはずなんですが
体に疲労が溜まっていて戻す力が衰えているとリセットされずにどんどん悪化して行くのです。

 

そうなると体に痛みや、不調が出てきます。外反母趾は簡単に言うと足の指の歪みにあたります。
足の使い方が上手く使えていないので筋肉が退化して硬くなり親指の方向へ負担がかかり痛みが出ている状態。
それが外反母趾の正体です。

 

ゆがみをチェックしてみよう!

 

 

力を抜いてまっすぐにかかとをつけて立ち、1分間そのままでいることに意識を集中させてください。
すると次第に体が動いたり、ゆれたり、ぶれたりしてくると思います。その方向へ体が歪んでいるということです。
例えば前後に特に強く前に引っ張られているとすれば、前に普段から重心があるということです。

 

左右に揺れるなら揺れが強い方で普段立っているのかもしれません。
回転するように揺れる人は体が捻じれている可能性があります。
慣れてきたら意識を細かくして足の裏に向けてください。

足の裏のどこに一番引っ張られるでしょうか?親指側でしょうか?小指側でしょうか?それともかかとでしょうか?

 

同じ右に揺れる人でも右の親指側で立っている人と、小指側で立っている人、つま先側でたっている人、踵側で立っている人がいます。
あなたの体はどこが一番落ち着くでしょうか?

足元から全身へ

 

外反母趾に話を戻しましょう。外反母趾は先ほども述べたように足の指の退化です。
足の指の筋肉をしっかり使えていないために足がこわばり変形した結果親指に負担が来て痛みがでている状態。
それが外反母趾の正体です。

 

 

足は基盤となる場所、建築物で言う所の床の部分なのでここが歪んでいると、その歪みが上がって上にも影響します。
また強い痛みを抱えている人は無意識に体がかばおうとするのでその歪が膝、股関節、腰、肩。首と上がってきます。

 

手術で治るのか?

 

外反母趾で思いつくのが手術です。確かに手術で痛みが改善した人も沢山いらっしゃいますし、
本当に変形が酷くなってしまった場合には手術必要になってきます。しかしリスクもあります。

 

実際手術をしたが痛みは変わらなかったとか、手術をして足の痛みは良くなったが他の部分、
股関節や腰に痛みが出てきたという人もいらっしゃいます。
これは手術でバランスが変わることで今までと負担がかかる場所が変わってきて、他の部分に痛みがでるパターンです。

 

ですから手術で良くなる可能性は50%とも言われております。こればかりは分からない未知なる部分があるという事は頭に入れておいてください。

お医者さんが有能で手術自体は成功しても、人間の体は複雑繊細でどうなるか分からない部分を持っているということなのです。

 

 

まずは足を緩める

 

では改善方法はと言うと、退化した筋肉をもとに戻せば理論的に痛みは軽減していきます。
そのためには筋肉をほぐすのことと、動かすことです。
以前にも挙げた足をグーパーする運動やタオルを手繰り寄せる運動をして普段使っていなかった筋力取り戻しましょう!

 

グーパー体操

P_20151027_151817P_20151027_151820

 

足の指を開いたり閉じたりと言う動きを1日30回続ける運動です。
普段私たちは地面をつかむような足の指を曲げる動きをあまりしていないものです。
ですからこの使っていない筋肉を意識的に動かすのがこの運動の目的です。

 

 

 

最後に

 

人間の体には自然治癒力と言って独りでに良くしようとする力が備わっています。
それは80歳になっても100歳になってもある力です。大切なことは諦めないという事です。
時間はかかっても必ず体は回復していきます。

 

地道に運動を重ねること体は少しずつ以前の状態に戻ってきます。
変化を意識しながら頑張って行きましょう!

 

 

外反母趾を予防するための靴選び

外反母趾とは

一言でいえば、「足の親指が外側(小指側)に曲がる」病気です。

この親指の曲がりがひどくなると、足が痛くて歩けなくなり、足は変形して、普通の靴が履けなくなります。

その上、痛くて無理な歩き方をしていると、脚が疲れやすく、膝や股関節まで痛みます。

 

 

 

外反母趾とは

 

 

 

 

外反母趾の症状が軽いうちは、きつい靴を履くのをやめると、痛みはやわらぎます。

しかし、一度、外反母趾になると、ハイヒールやパンプスをやめて痛みが軽くなっても、

親指の曲がりは、歩くだけで自然に進行するのです。

 

 

 

 

ですから、痛みが軽くなったといって油断すると、年をとってから変形がひどくなり、痛みも再発してくることになります。

 

 

そして、外反母趾が進むと、親指以外の指も外側に曲がり、脱臼したり、槌趾(つちゆび:足の指)が、

くの字に曲がって固まってしまい、伸ばすことが困難な状態になったりします。

 

 

その上、足全体が扁平足や開張足になり、足の裏や小指の方まで痛みが広がってしまいます。

最後には靴をはかなくても、痛くて歩けなくなります。こうなってからでは手術しか手がありません。

それどころか、手遅れになってしまって手術をしてもなかなかよくなりません。

 

 

外反母趾を予防するための靴選びのポイント

 

外反母趾を防ぐために、靴を選ぶ時のチェックポイントは、

 

【 足の全長 】
足の全長を測る時は、親指と限らずに最も長い指で行います。そして手の小指の幅のゆとりをもたせましょう。

 

 

 

【 足の幅 】
親指と小指の付け根の周径、幅、傾きを合わせます。足の全長が同じでも、つけねの位置は異なりますから、

踵とつま先からの長さも合わせましょう。

 

 

 

【 踵のフィット 】
踵と靴の側面から後方の適合性で、すっぽ抜けたり、きつくないもので、後縁がアキレス腱に食い込まない

小指1本分の隙間が必要です。

 

 

 

【 足の甲のフィット 】
靴の開口部前方の適合性で、踏み返しのときにしわが食い込まない、曲げたときの硬さが硬すぎないものです。

 

 

 

【 つま先のフィット 】
足の指の入る部分に指が広げられる幅、曲げられる高さが必要です。親指ばかりでなく、小指にも余裕が必要となります。

 

 

 

 

 

ハイヒールとの違い

 

 

 

 

靴による保存療法は、外反母趾を予防する靴が、保存療法の靴の基本になります。

その上で外反母趾による痛みを靴で治療するのです。

外反母趾で親指の付け根が靴に当たって痛いからといって、ただ幅の広い靴を買うのは間違いです。

 

 

 

 

一時的には、痛みが減りますが、長期的に見ると、かえって変形を強くします。

痛くないと、油断して、足が広がってしまい、外反母趾がひどくなることも、少なくありません。

 

 

 

 

外反母趾を治療する靴は、次のポイントを兼ね備えていなければなりません。

(1) 外反母趾を予防する靴としての、基本的な条件に合っている。
(2) 痛い場所が押されないように改良されている。
(3) 中足骨骨頭の中枢部で中足骨が横に広がらないように、

 

 

 

横アーチ・縦アーチが下がらないように、しっかり支持されている。

この様に、外反母趾と靴選びはとても深い関係があり、まずは正しい靴選びをすることから

予防・治療は始まるのです。

 

 

 

 

 

今まで間違った靴選びをされていた方も多いと思います。

これを見て、もう一度自分の靴がちゃんと足に合っているかを確認されてみてはいかがですか?

 

最近外反母趾の痛みが増してきたあなたへ

痛みを我慢しているあなた

 

長いこと外反母趾で悩んでいる方。はじめはたまに出る痛みだったのがだんだんと酷くなり常時指に痛みが出ているという方。
靴を替えれば大丈夫だったのが今ではどんな靴でも傷みが気になるという方。外反母指はもう治らないからと諦めてはいませんか?
310791

 

 

 

 

痛みを我慢して生活するのは辛いものですね。
しかしもっと良くないことがそのなかに隠れています。

 

歪みから歪みへ

 

人間は本能的に痛みをかばうという事をします。それにより痛みを和らげ日常生活をしやすいようにしているのです。これを反射と言います。
例えばお腹が痛いとき無意識に前かがみになりますよね。お腹を守ろうとして前かがみの姿勢をとるのです。
するとかばっている内に今度は曲げている背中が痛くなってきたりします。

 

これを内臓体壁反射と言います。いわゆるお腹をかばって背中が張るということです。
これは逆に体をかばった結果内臓が疲れたりするということも起きます(体壁内臓反射)
他にも体の痛い部分をかばって他の部分が痛くなることがあります。体壁体壁反射など。

人はかばうこと、歪むことで柔軟に対応しようとしているのです。簡単な歪みなら寝ることでリセットされてかばっていた負担も減りますが、
これが慢性化するとなかなかリセットされなくなります。

 

指から全身へ

 

外反母趾は足元で起こります。指に痛みが出て歩き方が変わったり、歪みが生じれば上の部分に影響がでます。
最近のマンションの問題ではありませんが、土台が歪むと上のほうも傾いてしまうのです。
そうなってくると足(指)だけの問題ではありません。上位の関節、膝、腰、肩、首などに負担がかかってくるのです。

 

足元は重要です。パンクした車で走っていたら車体にもガタガタと歪がでるのと同じです。
指や足の歪みが取れたことで長年の腰痛や肩こりが治ったというかたもいらっしゃいます。
ですから外反母趾ももう仕方がないからと諦めずに、きちんと良くして行く必要があるのです。

026788

外反母趾は治るのか?

 

ではそもそも外反母趾は治るのでしょうか?安心してください、
外反母趾は多くの人がその痛みから開放されています。ただ状態によっては根気が必要であったり、
あまりに酷い場合は手術などが必要な場合もあります。
また痛みは軽減して行くのですが変形が酷くなってしまった場合はその形は戻らないこともありますのでご了承下さい。

 

このブログでも何度も取り上げているように外反母趾は足の筋力の退化によって起こります。
特に親指を曲げる筋肉を長いこと使っていないために地面をつかむ力が衰えてしまい、結果足が平たく開いて行きます(偏平足)

 

こうなると支えが効かなくなるので弱いところに負担がかかるようになります。
それが一番強く出やすいのが親指の付け根の部分なのです。
退化した筋肉を正常な状態にもどしていけば自然と痛みは消えて行きます。

 

踵をゆるめる

一番重要なのは足の指と指の間の筋肉のこわばりを緩めることです。これは前の記事を参考にしていただいて
指の間の筋肉を自分の指で少し強めぐらいにほぐしてあげてください。
最初は強い痛みやあざになることもありますが続けることで痛みも自然と引いてくるようになります。

 

もうひとつ本日お伝えしたいことがあります。人間は前かがみで作業をすることが多いのですがその際にまず初めに
負担がかかってくるのがどこかというと、それはふくらはぎになります。何故ならふくらはぎが一番下で
前に行こうとしている体全体を後ろにひっぱっているからです。

 

ですからふくらはぎが柔らかければそれだけ歪みに対する抵抗力もあがるというわけです。
今日はふくらはぎを柔らかくするために足首を回してみましょう!

 

P_20151208_201610

P_20151208_201620

P_20151208_201622

 

ふくらはぎは踵の骨(踵骨)に付着しています。
ですので写真の様に踵を抑えながら足首を回してください。

 

硬いところを中心にアキレス腱の付け根のあたりまでまんべんなく回してください。
しばらく続けているうちにふくらはぎが先ほどより柔らかくなっているのを感じると思います。
後はアキレス腱を伸ばすストレッチも一緒に30秒ほど行うとなおさら効果的です。

 

バランスを良くして痛みの無い生活へ

歪みが無くなれば理論的には循環が良くなり、痛みや痺れが出にくくなります。どこかにある歪が体の離れた場所に影響を
及ぼしているかもしれないという事を覚えていたください。
そしてそれは原因が取り除かられれば必ず解決する問題だということも頭に入れておいてください。

 

何か不安な事や分からないことなどありましたらご相談もいつでもお待ちしています!
快適な生活を目指しましょう^^

 

 

 

 

外反拇指を良くするための歩き方

外反拇指とは?

 

外反拇指は親指が小指側に曲がってしまい指の付け根に

痛みが出る症状です。女性の方に多いとか遺伝とか、靴が原因など様々な

要因が挙げられています。確かに統計的には女性やヒールを履いている人のほうが

症状を誘発している方が多いようです。

 

しかし個人差がありますし、若いうちから症状が出ている方も

いらっしゃいます。先に言ってしまうと足の使い方に問題があるからなのです。

足の筋肉を使ってしっかり歩けていないことで足が退化してしまい、親指にその負担が

かかって痛みが出てしまうというメカニズムなのです。

 

ですからまず筋力を回復して正しく使えるようにしてから正しく歩けるように

なればまた元通りの痛みの無い生活に戻ることが可能なのです。では正しい状態にするためにどうしたらいいのかを考えて行きましょう。

 

まず靴選びです。確かに靴だけが原因ではなく、根本原因は足の退化なので負担のかかる靴を履いていても痛みの無い方は沢山いらっしゃいます。しかしスニーカーや運動靴と比べてヒールなどのかかとの高い靴は足への負担が大きいのも事実です。

下の絵をご覧ください。

かぱんでぃ

カパンディ関節の生理学より

 

この絵を見て分かるように、ヒールを履くと足にどのような負担がかかるか分かると思います。まず角度のある靴を履くことで足全体が前のめりになります。すると指の付け根に荷重がかかってしまうのです。そして指が曲がってしまっているのが見て取れると思います。外反拇指の人はこのように指先ではなく、足の付け根のところにタコや角質ができる事があります。

 

 

このような足の指が圧縮されて曲がった状態をハンマートゥと呼びます。すでに外反拇指の方は実際にご自身の足の指を見てみてください。しっかりと指が伸びているでしょうか?どちらかの足(特に症状のある方の足)が浮足だって曲がってはいませんか?

 

 

こうなっていたら要注意です。いわゆる筋肉をしっかり使えていない状態なのです。足の指を使えていたら足自体が綺麗な弓なりのアーチを形成しているはずです。

このアーチが崩れた状態が良く言う偏平足というものです。

 

 

アーチは縦と横があります。この弓なりのしなりがあるからこそ人間は荷重を分散して負担を減らすことができるのです。ですから仕事で履くという方は仕方がないかもしれませんが、なるべく足に負担のかかる靴の使用は減らした方が良いのが改善への道のりでもあります。

 

 

そうは言ってもおしゃれはしたいという方がほとんどでしょう。ですので少しヒールの低めの靴(5cm以内)の靴にしてみるとか、先が締め付けられすぎない靴を選んでみるとかしてみる所から意識してみてください。

 

 

後はきちんとトレーニングを重ねれば、好きな靴も履いて出かけられるようになると思います。ただこういった負担が足にかかっているということは頭に入れておいてください。

自分の足の声を知る所が改善への第一歩になるのです。

 

 

 

改善のために

 

まずは以前のブログでも挙げている指をほぐす運動をしてください。足の間の(特に親指と人差し指の間)の筋肉をクリームなどを付けて少し痛みがでるぐらい強めに緩めて行きます。この部分が硬くなることで親指が引っ張られて指に痛みが出ているのです。

 

 

 

後は足の指を開いたり、閉じたり、グーパーするような感じの運動を繰り返して普段使っていない足の筋肉がまんべんなく使えるようにしていきます。

 

 

ここまでできたら最後は歩き方です。もう一度ご自身の歩きか方を見つめてみてください。足の裏でペタペタと歩いてはいませんか?いわゆるベタ足という歩き方です。この歩き方だとしっかりと筋肉を使えていないので、沢山あるいてもトレーニング効果だけでなく負担も一緒に受けてしまいます。

 

 

1 まず踵で着地する

2 体重を前に移動させる

3 小指側に体重が移動する

4 親指側に体重が移動する

5 指を使って(最後は親指)足を前に運ぶ

 

これが正しい歩き方の順番です。

できていない人で多いのがポイントである踵、小指、親指が使えていなくて足の真ん中や

指の付け根などに荷重がかかり1点や2点のポイントだけで体重を支えて歩いているのです。

 

イメージとしては踵から半円をかくように(ゆりかごの様に)体重が移動していく感じです。

 

しっかりと歩く

 

人の足は歩くようにできています。この機能をきちんと使えていないために足が退化するのです。使うべきものは正しく使うこれが大事なこと。正しい歩行を練習すれば足の痛みだけでなく全身のバランスも良くなるので一石二鳥です。しっかり歩いて粋な靴が履いて出かけられる状態を取り戻しましょう!!

 

 

 

インターネット限定予約特典

ご予約時にホームページを見たと言って頂ければ、初回の方のみ!月10名様限定で施術料金を40%割引いたします。片足8000円→5000円、両足15000円→10000円。VISA、MASTERのクレジットカードもお使いいただけます。

地下鉄天神駅から2分、年中無休なので足が痛くても気軽に通いやすい。
予約制でお待たせしませんのであなたの時間を無駄にいたしません。

秘密のアイテム

451人の外反母趾の痛みに悩まされていた方々にとても好評だった体操法と、その体操で使うアイテムをプレゼントいたします。

完全予約制

福岡外反母趾センターは完全予約制です。当日予約も受け付けておりますので、必ずご予約の上でご来店下さい。

予約方法

お電話かWEBでご予約を承っています。

お電話でご予約される方は092-483-0007までお電話ください。
WEBでの予約はこちらの予約システムからどうぞ。
担当者が「お電話ありがとうございます!骨盤王国の○○です!」と電話にでますので、
「ホームページを見ました。予約を取りたいです。」とお伝えください。
お名前、現在の症状、ご希望日時、お電話番号を確認させていただきます。
安心の全額返金保証

福岡外反母趾センターはあなたの期待を裏切らない自信があります。ですので、万が一施術を受けてご満足されないようでしたらお金は全額返金いたします!常に最短で改善できるようにいつも心がけていますが、外反母趾の進行具合によっては長期的な施術が必要になる場合もございます。1回で治らないといった理由での返金は行っていません。(申込期間は初回から3日以内です。2度目以降の返金は出来ません。)

外反母趾の矯正で返金保証が付いているのは福岡では福岡外反母趾センター以外にありません。

ひどい外反母趾も改善!もう大丈夫。私達にお任せ下さい!
「手術しかないと言われた」「何をしても改善せず40年間悩んでいる」「こんな痛みでも大丈夫?」そんな悩みがあれば気軽にお電話でご相談ください。

骨盤王国併設の福岡外反母趾センター。お電話092-483-0007、営業時間は年中無休の10:00~21:00、受付時間は10:00~20:00です。住所は福岡市博多区博多駅前三丁目27番24号 博多タナカビル3階B2号室、博多駅より徒歩4分。クレジットカードをお使いいただけます。

お電話でご予約される方は092-483-0007までお電話ください。
WEBでの予約はこちらの予約システムからどうぞ。
地図を詳しく見る